Speed Guru's Time

河端一のライヴ予定(日本語) & Kawabata Makoto's Live schedule (English) [NewEntry] [Admin]

Calendar

05 « 2017-06 « 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recently title

Profile

speed guru

by  [ speed guru ]

Kawabata Makoto
from
Acid Mothers Temple, Gong

広告

FC2Ad

        2016-11-05       Live Schedule (Japanese)

「Jean-François Pauvros + Makoto Kawabata European tour 2016 」

Jean-François Pauvros (g) + Makoto Kawabata (g)

- 6th Nov. (sun) @ Cave 12 - Geneva Switzerland
http://www.cave12.org
- 8th Nov. (tue) @ FJT Les Oiseaux - Besançon - France
http://www.habitatjeuneslesoiseaux.fr
- 9th Nov. (wed) @ Instants Chavirés - Paris France
http://www.instantschavires.com
- 12th Nov. (sat) @ "Ars Musica Festival" - Brussels Belgium

o0324021313786899361.jpg

___________________________________

"Makoto Kawabata + Tatsuya Natatani US Tour 2016"

Makoto Kawabata (guitar) + Tatsuya Natatani (percussion)

Nov.
- 15th (tue) @ The Volstead - Austin TX 
https://www.facebook.com/events/1657224344568360/
- 16th (wed) @ Texas Theater - Dallas TX
https://www.facebook.com/events/570496539787458/
- 17th (thu) @ Minicine - Shreveport LA
https://www.facebook.com/minicineswampland/
- 18th (fri) @ Allways Lounge - New Orleans LA
http://theallwayslounge.net
- 19th (sat) @ Superfun - Gainesville FL
http://galleryprotocol.com/index.php/superfun/
- 20th (sun) @ Churchill's Pub - Miami FL
http://www.churchillspub.com
- 21st (mon) @ The Gaelly at Avant Island - Orlando FL
http://avalongallery.org
-22nd (tue) @ Eyedrum - Atlanta GA
https://www.eyedrum.org
- 25th (fri) @ Mothlight - Asheville NC
http://themothlight.com
- 26th (sat) @ Pilot Light - Knoxville TN
http://www.thepilotlight.com
- 27th (sun) @ Dreamland - Louisville KY
http://dreamlandislouisville.org
- 28th (mon) @ Foam - Saint Louis MO
https://www.facebook.com/events/865066010296498/
- 29th (tue) @ Empty Bottle - Chicago IL
http://emptybottle.com
- 30th (wed) @ Trinosophes - Detroit MI
http://www.trinosophes.com
Dec.
1st (thu) @ Mahall's Main Stage - Cleveland OH
https://www.facebook.com/Mahalls-173684916029368/
2nd (fri) @ Sonic Circuit - Washington DC
http://dc-soniccircuits.org
3rd (sat) @ Hi5 Studio "Ars Nova workshhop presents" - Philadelphia PA
http://www.arsnovaworkshop.com/events/makoto-kawabata-tatsuya-nakatani-12-03-2016
4th (sun) @ Jack - New York NY
http://www.jackny.org

o1023055013789948567.jpg

"MAKOTO KAWABATA & TATSUYA NAKATANI"

On the surface, guitarist Makoto Kawabata and percussionist Tatsuya Nakatani would appear to be unlikely collaborators. Save for their shared country of origin and prolific musical outputs, the wooly-haired psychedelic shaman of Acid Mothers Temple and the fiercely-focused conjurer of ritualistic solo percussion and conductor of the Gong Orchestra seem to occupy very separate ends of the musical spectrum – one in the Dionysian throes of electric excess, the other in the Apollinian exploration of acoustic purity. But the process and action of Improvisation provides a space where these two unique musicians can meet on equal footing and create a shared path in which their common love of immersion in the sheer richness and grain of SOUND can flower to its full and dynamic potential. 

​While much of Nakatani's work has emphasized his exploration of unamplified acoustic sound – from his solo concerts to the Nakatani Gong Orchestra to collaborations with master acoustic improvisors like Barre Phillips, Michel Doneda, and Peter Kowald – he has a parallel track record of powerful playing with electric guitarists such as Donald Miller (Borbetomagus), Mary Halvorson, and Kenta Nagai. In fact, one could make the case that Nakatani's use of sustained sounds and howling overtones via bowed gongs, cymbals and scraping objects makes for a more compelling foil for the sonic palette of electric guitarists than does conventional drum kit playing. The wailing fury of Tatsuya's bowed work can match wits with the most piercing guitar feedback like the sound-world of Stockhausen's "Mikrophonie 1" fully unleashed from the composer's control.

​Kawabata likewise can surprise the listener with the range of expression at his fingertips, all while retaining the qualities that make him so distinctly individual. In Acid Mothers Temple he's established the mantle on which his reputation is built by conjuring an ecstatic blast of high volume fuzz-wah mania that touches on Hendrix, Blue Cheer, Hawkwind, the Stooges and a host of other fellow astral-travelers in a blend that is now inimitably Kawabata – amps on 10 and controls set for the heart of the sun. But on his numerous solo recordings and collaborative outings outside of AMT he has shown other wider facets of his musical psyche, often foregrounding ritualistic elements with a remarkably sustained focus. And he's no stranger to intense face-offs with other drummers of serious rep, as his marvelous concert and recorded outings with Guru-Guru's Mani Neumeier and AfriRampo's Pikachu most certainly attest. 

​Perhaps the trait that unites them most is their unwavering commitment to robust touring. Whether its AMT's relentless world tour schedules or Tatsuya's perpetual travels on U.S. highways in his trademark Sprinter van housing a kitchen and enough instruments for a full Gong Orchestra, these two gentlemen are road dogs of the first order – braving the physical rigors of constant travel to bring the music directly to the people. Fittingly, they first met on the road in 2001when Tatsuya was subbing for the drummer in Psychic Paramount on a run of shows opening for Acid Mothers Temple in France. They continued to run into each other in Japan and elsewhere in their various travels, eventually performing as a duo in 2014 for a few shows and then extended to a full Japanese tour in 2015. But for U.S. audiences this 2016 tour is the first chance to see & hear them together.

So now we have Kawabata-Nakatani, upending any preconceptions and getting their hands dirty in the fertile trenches of real music-making. Beyond genre, beyond style, an explosive fulfillment of the kinetic potential simmering in these two fearless explorers of sound's outer reaches and tireless veterans of the road.

​-- Rob Cambre, (New Orleans, 2016)

___________________________________

「Floating Liquid Night」

■12月9日(金)@名古屋 いりなか58ゴヤムーン  
http://www.58s.jp/utage/

Floating Flower (河端一:g + 金子ユキ:vln, vo + カネコテツヤ:pakhawaj, tabla)
+
liquidbiupil (OHP light show)

open 19:00 / start 19:30
adv ¥2000 / door ¥2500

w/ 栗山純 (vo, g)

サイケデリック・ラーガ・フォークユニット「Floating Flower」が、光の魔術師liquidbiupilと合体、音と光による稀代のサイケデリック・メディテーション空間を是非体験されたし!対バンには、元オックスの栗山純が、そのサイケデリック原体験を昇華展開!

o0567031913781593698.jpg

___________________________________

「第15回 Acid Mothers Temple祭」

■12月10日(土)@名古屋 Tokuzo (052-733-3709)
http://www.tokuzo.com

ACID MOTHERS TEMPLE & THE MELTING PARAISO U.F.O. :
河端一 : guitar, synthesizer, voice, speed guru
東洋之 : synthesizer, theremin, harp, voice, noodle king
ミツコ☆タバタ : guitar, guitar-synthesizer, voice, maratab
砂十島NANI : drums, voice, another dimension
S/T : bass, voice, space & time 
with
liquidbiupil:light show
[guest] PIKA (from あふりらんぽ)

結成21年目を迎えた2016年、その1年を通し、中北米ツアー、韓国公演、帝都公演、欧州ツアーで叩き上げられたこの新ラインナップにて、新たな歴史を刻むべく、新たなサイケデリックの地平線に降り立ったAMT宗家ネクストジェネレーションが、初めて迎える「Acid Mothers Temple祭」!
そして今年春に再結成した「あふりらんぽ」のPIKAをゲストに迎え、更なるサイケデリック大宇宙へ、銀河鉄道片道切符の旅!
世代を超えたディープ・サイケデリック・サウンドに身を任せながら、光の魔術師達liquidbiupilが現出させるサイケデリック亜空間の中、逝くまで踊り狂え!

open 17:30 / start 18:30(開場開演時間が通常よりも早いので御注意下さい)
adv ¥2800 / door ¥3000

■AMT祭恒例オークション開催。今年もどんなレアものや珍品が登場するやら。
■SHOPZONEでは、新譜も旧譜も含めた在庫一掃セール!
■完全限定「第15回AMT祭Tシャツ」を当日会場のみで販売予定。枚数・サイズに限りがございますので、お買い求めはお早めに。
■今回も前売特典として、会場入口にて前売券と引き換えに特典CDRをプレゼント!
■メンバーによるフリーマーケットも開催。掘り出し物もあるかも?
■終演後はTokuzoにて、恒例「AMT忘年会」を行いますので、皆さん是非ご参加下さい。
■東洋之が今年入手した、人類史上最高の芸術家カオル・タチバナ・フランソワの作品群を会場内に展示!?

<アクセス>
名古屋駅より地下鉄東山線「藤が丘行き」もしくは地下鉄桜通線「野並行き」にて「今池」下車(名古屋駅より約10分)今池10番出口より徒歩2分。

<遠方からの御越しを予定されている方々へ>
終演時間は22時を予定しております。(騒音問題の為、22時以降になる事はありません。)
東京方面最終「のぞみ」は22時10分名古屋駅発の為、日帰りされる方は23時30分名古屋駅前発東京行き深夜バス「ドリーム号」の御利用をお薦めします。他にも24時15分発まで格安深夜バスが何便もございます。
大阪方面最終「のぞみ」は22時57分発ですので、日帰りは充分可能だと思われます。
Tokuzo周辺及び名古屋駅周辺には格安ホテル多数ございますが、週末ですので予め御予約されておく事をお薦めいたします。
Tokuzoは午前5時まで居酒屋として営業しておりますので、始発まで飲み明かす事も可能です。
またTokuzo周辺には朝まで営業している居酒屋や漫画喫茶、サウナ等多数ございます。

o0840059413781583462.jpg

___________________________________

「スミスで会いましょう」

■12月11日(日)@彦根 スミス記念堂 (0749-24-8781)
http://smith-meeting.com

SKY SHINE (河端一 + liquidbiupil)

今年もAMT祭翌日、音と光のコラボユニット「Sky Shine」が、彦根スミス記念堂へ還って来る。

open 14:30 / start 15:00
door ¥2500(限定30名)
予約問い合わせ:bo-cyan@hotmail.co.jp(KIKURI/野本)

SKY SHINE : 河端一 (guitar + synthesizer) + liquidbiupil (OHP light show)
恍惚ギタードローンの開祖河端一と、光の魔術師liquidbiupilに依る、音と光のコラボユニット「Sky Shine」これは音と光による錬金術か?音と光の曼荼羅を描き、サイケデリック亜空間をを現出させる!ブラフマンと合一し、常世の入り口を開け!

o0567056713781607869.jpg

(以下、主催者情宣転載)
彦根城を望む、宮大工の手になる雅な木造建築教会堂、 その和と洋の交じり合う空間の、 木目を、梁を、彩る音と光の宇宙曼荼羅。
スミス記念堂は2016年12月に再築10年目を迎えます。
此処でしか、其処に居た人にしか、味わうことの出来ない、一期一会。
それからもこれからも「スミスで会いましょう」 

(以下、主催者KIKURI野本さんのTwitterより転載)
本年最終KIKURI企画、恒例のSkyShine(河端一 + liquidbiupil )@彦根スミス記念堂はAMT祭り翌日の12/11、打ち上げはとばや旅館大広間宴会に決定。宴会+雑魚寝パック交渉中。私が彦根在住中の年末企画はこれが最後になります。みんな遊びに来てね!

<アクセス> 
彦根駅より徒歩20分程度、タクシーで1000円前後。 
最寄駐車場・京橋口駐車場(2Hまで200円、1Hごとに100円) 
途中、彦根城や夢京橋キャッスルロードなど観光スポットも多数ございます。 出来れば、彦根散策を楽しみながらお越しください。 彦根駅、観光案内所で無料配布されている彦根城観光地図を求められることをお勧めします。 
JR東海道本線新快速で、京都より47分、大阪より1時間16分。
名古屋より東海道線で1時間26分、東海道新幹線なら米原乗り換えで36分。 

o0567056713781608065.jpg

___________________________________

「Acid Mothers Temple & The Melting Paraiso U.F.O. Western Japan Tour 2016」

ACID MOTHERS TEMPLE & THE MELTING PARAISO U.F.O. :
河端一 : guitar, synthesizer, voice, speed guru
東洋之 : synthesizer, theremin, harp, voice, noodle king
ミツコ☆タバタ : guitar, guitar-synthesizer, voice, maratab
砂十島NANI : drums, voice, another dimension
S/T : bass, voice, space & time

o0840059313781583526.jpg

■12月15日(木)@神戸 Helluva Lounge (078-331-7732)
http://helluva.jp

■12月16日(金)@岡山 Pepperland (086-253-9758)
http://www.pepperland.net

■12月17日(土)@広島 BoRDER (082-241-6633)
http://live-border.com

■12月18日(日)@防府 印度洋 (0835-38-5324)

■12月19日(月)@福岡 Peace (092-741-5405)
http://www.peace-livehouse.net

■12月20日(火)@熊本 Navaro (096-352-1200)
http://navaro.info/home/

■12月21日(水)@大分 Athall (097-535-2567)
http://www.athall.com

■12月22日(木)@松山 Bar Caezar (089-932-7644)
http://barcaezar.jimdo.com

■12月23日(金)@高知 Chaotic Noise (088-823-8190)
http://kclub.exblog.jp

結成21年目を迎えた2016年、その1年を通し、中北米ツアー、韓国公演、帝都公演、欧州ツアーで叩き上げられたこの新ラインナップにて、新たな歴史を刻むべく、新たなサイケデリックの地平線に降り立ったAMT宗家ネクストジェネレーションが、今年1年の総決算として西日本ツアーを敢行!神戸から中国、九州、四国を巡る全9公演!「宇宙で最もスペーシーなバンド Best10」に、HawkwinkdやGongと並び選ばれる等、その日本発宇宙の彼方行きサイケデリック・サウンドを、この機会に是非体験すべし!

___________________________________

■12月25日(日)@秋葉原 Club Goodman (03-3862-9010)
http://clubgoodman.com

「GIGANOISE 2」

河端一

w/ JOJO広重, T.美川, 原田仁, 他超多数

ドラびでお一楽儀光が主催する、8時間に及ぶ日本最大のノイズ・イベント第2弾!!世界中から厳選された珠玉のノイジシャンが集結!

※詳細は追って発表

o0425029713781616040.jpg


___________________________________

「ナカタニ・タツヤ+河端一 Japan Tour 2017」

ナカタニ・タツヤ (perc) + 河端一 (g)

■ 1月12日(木)@東高円寺 U.F.O. Club (03-5306-0240)
http://www.ufoclub.jp
宍戸幸司 (vo, g from 割礼) + ナカタニ・タツヤ (perc) + 河端一 (g)

■ 1月13日(金)@大久保 ひかりのうま
http://hikarinouma.blogspot.fr

■ 1月14日(土)@神戸 Helluva Lounge (078-331-7732)
http://helluva.jp

Nakatani Gong Orchestraを率いてのドローン演奏等、従来のドラマーとは全く異なるアプローチを見せる異能ドラマーと、恍惚系ギタードローン開祖の邂逅。一聴してもドラムとギターとは到底信じられない、楽器演奏法に関しても既成概念を超越した不可思議音響を、完全即興演奏で展開。
2015年と2016年の2度に渡る日本ツアーは大好評を博し、2016年11月にはアメリカツアーも敢行。そして今回3度目の国内ツアーは、何と初日のみ宍戸幸司(割礼)とのトリオ!!
2016年1月大分公演のライヴ音源を、吉田達也が編集&プロデュースしたライヴ盤「Live in Oita 2016」も各会場にて販売!

ナカタニ・タツヤ(Tatsuya Nakatani)
パーカッショニスト。昭和45年兵庫県神戸市生まれ、15歳の頃からドラムセットを叩き始める。20代前半に渡米、西海岸を拠点とし音楽活動を始める。その後ボストン、ニューヨークと拠点を移し、現在ニューヨーク市にほど近いペンシルバニア州イーストン市在住。
ドラム・パーカッション(ベースドラム、フロアタム、スネアドラムなど)やゴングを基本とし、弓や特殊スティックなどで造形された生音(アコースティック)での演奏は独自な音として評価されている。
1990年代からアメリカ、中南米、ヨーロッパ各国にて演奏活動を続ける。近年は特にアメリカ大陸を頻繁に縦断、横断するツアーを重点に演奏活動する。年間百本を超えるソロ•コンサートを中心に各地で様々なミュージシャン、ダンサー、アーティストとの共演を行う。
北米中心に行っている大型企画に「ナカタニ・ゴング・オーケストラ」があり、各国各地でのワークショップで育てた11人の現地弓弾きゴング・プレーヤーと共に、クリーブランド・モカ美術館やワシントンDCケネディーセンターなどを始め、全米各地、メキシコ主要都市の現代美術館、アートセンターで演奏を経験する。
ライブ演奏活動の他に、各地の音楽大学でのマスタークラス、ワークショップ、レクチャーを行い、また自作弓の製作、録音やレコード出版販売も行う。
ウェブサイト:http://hhproduction.org
フェイスブック:https://www.facebook.com/tatsuya.nakatani

___________________________________

■ 1月15日(日)@梅田 ムジカジャポニカ (06-6363-0848)
http://musicaja.info

「新春恒例 鏡割り恵比寿シャワー 2017」

ヒューマンシャワー(砂十島NANI+河端一)

※詳細は追って発表

___________________________________

「à qui avec Gabriel + 河端一 関西二人旅2days」

à qui avec Gabriel (vo, accordion) + 河端一 (g)

■ 2月10日(金)@梅田 ムジカジャポニカ (06-6363-0848)
http://musicaja.info

■ 2月12日(日)@彦根 スミス記念堂 (0749-24-8781)
http://smith-meeting.com
open 14:30 / start 15:00
door ¥2500(限定30名)
予約問い合わせ:bo-cyan@hotmail.co.jp(KIKURI/野本)

最近は情趣演歌カヴァー等にて、その艶やかな歌声も披露される女性アコーディオン奏者à qui avec Gabrielと、河端一のデュオによる、歌も交えての即興演奏2days!
スポンサーサイト

 | Home |